« トンデモ発言(一般質問) | トップページ | トンデモ&差別発言(議案討論・第22 陳情第13号) »

トンデモ&差別発言(議案討論・第22 陳情第13号)

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
Photo_2 私も男ですので、男としての立場で物を申します。まず、先日の一般質問の際にも発言いたしましたが、最近の脳科学の進歩により、男と女では、脳の構造自体が違うということが明らかにされてきております。その研究成果がまだ政治の世界や教育の世界に進出してきていないことが残念でありますが、脳の構造の違い、そして男性ホルモン、女性ホルモンの働きの違いにより、男女では明らかに行動パターンや思考方法、習性が違うということで研究が進んでいることを明確にしておきたいと存じます。
 ジェンダーフリーなる言葉は、社会的に認知されていない不明確な言葉であると思いますが、本陳情においては、意味するところ、男らしさ、女らしさを否定する行き過ぎた男女平等論のことを指すのだと思います。日本の社会では、まだまだ男女差別があるということで、男女平等が声高に叫ばれ、ますますその運動が激しさを増していっていると思いますが、日本社会における男女平等の理論は、女性の立場からの主張ばかりが取り上げられ、根本的に男性の習性、つまり脳の構造の違いや男性ホルモンからの支配から逃れられない男の性を全く無視した机上の空論から成り立っているように思います。ドメスティック・バイオレンスやストーカー被害、ポルノやセクハラ等の被害の例を挙げて男女差別のきわみのあかしのような意見を耳にいたしますが、そもそも男社会は序列社会であり、序列をつくる習性があることが脳科学の研究成果から明らかにされております。逆に女は横並び社会であり、横の連携をつくる習性がある言われております。これを男の場合は、組織的に狩猟を行うために序列をつくってきた習性ではないかとする学説もあれば、猿山の猿の姿を例に挙げ、男の脳にはもともと序列をつくるような本能がプログラミングされていると説く本もありました。
 いずれにしても、序列をつくりたがる動物と横の連携をつくりたがる動物とを同じ動物と扱い、同じように育てようとした場合、どうなるのでしょうか。私は、序列をつくる動物が当然弱者に対し、みずからを上位者と位置づけるための行動に移ることが明白であると感じます。つまり、私の理論からすると、安易な男女平等教育が進めば進むほど、男は、女は弱い者である、弱い者で守るべきものという認識を持たず、みずからの本能で序列に組み込むべく、時にはドメスティック・バイオレンスに及び、時には、男性ホルモン、テストステロンの持つ激しい性欲や攻撃性を誘発する力にあらがうことができず異常な性行動やセクハラに及んでしまうのではないかと危惧いたしております
 男女混合名簿にしろ、徒競走や騎馬戦まで、男女一緒にやればよいという短絡的な考えは、私は決してよい結果を生むとは思いません。一般質問でも発言いたしましたが、男女は適度な距離を持って区別して教育すべきと私は考えます。距離を置いた方がお互いの性の違いをはっきり認識し、異性を違う存在として尊重する意識が養われるはずです。男女別名簿で男が先だと、男子優先の印象を与えるという理屈も一方的で、短絡的な考えとしか思えません。先だから優遇されているという認識が成り立つならば、この議場においても先輩議員が前にお座りになるべきだと思いますし、むしろ日本の社会は後ろに控えている方が偉いというか、大事なものであるという認識の方が強かったのではないでしょうか。戦争に兵隊に駆り出されたのは、男であり、男は何を守るために戦ったのでしょうか。もちろん国を守るために戦ったのでしょうが、国を守るとは、愛する者を守ることにほかならなかったのではないでしょうか。特攻隊員の遺書を拝見いたしましても、そのほとんどが母への感謝の心、妻、子供たちへの愛を記したものが数多く見受けられます。かつて男は女性は弱いもの、女性や弱いものは守るべきものという明確な意思を持っていたと思います。それは大切なものと思えるから守ろうと思えるわけでして、差別などしていては、大切なものという認識も生まれないわけで、かつての男女別の教育の方こそ私は男は女性を尊重する認識を強くはぐくんでいたように感じます。現在平和な世の中が続き、男は女を守るというわかりやすい現実がなかなか想定しづらい世の中であるかと存じます。
 私は、男女平等の理念はもちろん大切であり、女性の社会進出もどんどん進めるべきと思います。しかし、フェミニストの方々が主張するような男女平等論では男女平等どころか、序列をつくりたがる男と平等を求める女との対立が先鋭化されるだけであり、男女がともに助け合う社会が成り立つとはとても思えません。そういう意味で、先人たちが築いてきた伝統的価値観に立って、男らしさ、女らしさをしっかりと教え、
特に男の立場から、男を教育にするに際し、男は先頭に立って女を守る立場であってほしいと思います。そのような男性がふえることにより、社会における女性の弱い立場をしっかりと理解し、機会の平等に積極的にかかわってくれるのではないでしょうか。そのような観点から、私は本陳情に対し、ジェンダーフリーなる定義があいまいな点を除き、内容には賛成し、趣旨採択といたします。

|

« トンデモ発言(一般質問) | トップページ | トンデモ&差別発言(議案討論・第22 陳情第13号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181410/5056425

この記事へのトラックバック一覧です: トンデモ&差別発言(議案討論・第22 陳情第13号):

« トンデモ発言(一般質問) | トップページ | トンデモ&差別発言(議案討論・第22 陳情第13号) »