トップページ | トンデモ発言(一般質問) »

トンデモ発言(一般質問)

【松嶋寿延議員(自由民主党・新生会)】
Photo_4  次に、大きな2番目、教育についてお尋ねいたします。男女平等という考えが声高に叫ばれる昨今ですが、日本の社会はまだまだ女性の社会進出がおくれており、まだまだ男女差別があるということで、ますます男女平等運動が世間に激しさを増していっているように見受けられます。しかし、私のような田舎の古い家に育ち、男は男らしく生きなさいと育てられた者にとりましては、時々その運動が奇異なものに映る場合が少なくありません。私は、男と女は全く違うものであり、男は男らしく、女は女らしくあってほしいと願う側でありますが、男は男らしく、女は女らしくというと、これは差別に当たるのでしょうか。私はむしろ男と女の違いを際立たせ、互いの性を尊重するよう区別して教育する方が好ましいと考えておりますが、最近全国の教育現場のあちこちで、男らしさ、女らしさまで否定するような男女平等教育が行われていると見聞いたします。そして、なぜかそれら行き過ぎた男女平等教育と過激な性教育がリンクしているようです。昨年市内の小学校においてもその性教育が問題になりましたし、教育委員会には国立市男女平等教育指導手引を撤回する陳情が提出されておりました。今回も市議会に対し、ジェンダーフリー教育を取り止め、男女混合名簿の廃止を求める陳情が提出されておりますし、新潟県の白根市の小学校長が、男女混合名簿が行き過ぎた男女平等教育につながるとして、男女混合名簿を廃止したことがニュースになっておりましたし、福島県議会でジェンダーフリー教育をしないよう求める陳情が採択されたこともニュースとして伝わってまいりました。そこで、市内の公立学校においては、どのような理念のもと男女平等教育を行われているのか、お尋ねいたします。
・・・(中略)
私の質問に対して、余りわかりやすい御答弁ではなかったように思うんですが、私も4冊も脳科学の本を読みまして、大分最近はその思想で洗脳されているんですけれども、何かと起きると、すべて男脳の、女脳のせい、男性ホルモン、女性ホルモンのせいであの人はこういう行動をしているんだ、この人は行動しているんだと思うようになりまして、一応勉強してわかったことは、男女はもう胎内にいるときに既に男の脳と女の脳に分かれて生まれてくるわけですね。性同一性障害の方は別ですよ。科学はそこまでもう進んでいるわけです。それらの本もあるわけですね。でも、国立市男女平等教育指導手引を見ますと、男も女も全く一緒に扱おうとしている。(発言する者あり)いや、いや、そうそう。これ、私、問題があると思うんです。やっぱり男は男の求める方向がありますし、女は女の求める方向性があると思うんですよ。それは何を求めるかって、また科学的な話になるから別としまして、そういう観点からすると、この国立市男女平等教育指導手引、非常に問題があると思います。また一生懸命性教育をなぜか教えたがるのも、これ、問題があると思いますし、非常にこれ、読んでみて、とにかく男女を触れ合いさせ、そしてなぜか性教育を一緒に教えるという、何か性の乱れを助長しているような教育指導手引に感じるんですよ、私は。これを見て、まだ私には子供はいませんが、自分の子供が生まれたら、国立市の学校に入学させたいと思わないんですけれども、それで、先日、教育委員会において、この指導手引の撤回の陳情が趣旨採択されたと伺っています。それで、次長の御答弁の方にも、見直しを行っていくとおっしゃっていましたけれども、いつまでに見直しをされるんですか。

|

トップページ | トンデモ発言(一般質問) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181410/4411514

この記事へのトラックバック一覧です: トンデモ発言(一般質問):

トップページ | トンデモ発言(一般質問) »