« トホホ発言(議案討論) | トップページ | トンデモ発言(議案討論) »

トホホ発言(議案質疑)

【コメント】職員の退職金のカット条例案に対する討論。2004年12月議会で青木議員(自由民主党新政会)から難色がつけられ、1年度遅れて施行されることになったが、またも自民党議員から「職員に配慮せよ」という発言が出された。ふだん「職員人件費が高い。」といっている人が、いざカット案が提案されると「職員がかわいそうだ」と言うのは・・・???

────────────────────
2005/3/16 総務文教委員会・議案討論

【石塚陽一議員(自由民主党新政会)】 →議事録(PDFファイル)
Photo  ・・・(前略)・・・それから、例えば現行の退職金2,980万に対し、新しい平均、退職2,810万と170万程度やはり支給額が落ちてくる。例えば4,000万住宅ローンを借りていた場合の約2年弱に該当する返済分が落ちてくるということですけれども、やはり長年、三十数年働いてきた中での生活の拠点である住宅ローンを持っているような方たちの御意見もよく勘案して、こういったものを提案してきたのかどうか、ちょっとお尋ねしたいと思います。

・・・(中略)・・・

【石塚陽一議員(自由民主党新政会)】
 そういう御答弁の中でですけれども、やはり個々の御家庭によっては、いろいろとそういった生活上の問題が出てくると思います。当然のことながら、今60歳で定年ということは、まだまだ元気で働ける。そして人によってはお子さんがまだ就学しているような御家庭もあるかと思います。そうなってくると、現行今民間企業でも、再雇用というような形の中で、65歳ぐらいを基準にして、恐らくこの平成の7年、8年以降、住宅ローン、もし組んで家を購入された方がいたんであれば、やはり資金計画に相当影響が来てくると思うんですね。そういうようなことから、行政としても、また、そういった方たちの再任用というようなことにも御配慮をしていただかなきゃいけないし、ただ、これは民間企業から見れば、現在民間企業は1,600万程度の退職金しかもらえないという平均が出ております。まだまだ倍近いという形の中で、職員の方々も削減されるからということで、士気の低迷にならないうように頑張っていただければとと思います。

|

« トホホ発言(議案討論) | トップページ | トンデモ発言(議案討論) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181410/5491597

この記事へのトラックバック一覧です: トホホ発言(議案質疑):

« トホホ発言(議案討論) | トップページ | トンデモ発言(議案討論) »