« トホホ発言(議案討論) | トップページ | トホホ発言(議案討論) »

トンデモ発言(議案討論)

【コメント】国立市議会での人事案件が提案説明なし・質疑なし・討論なし・無記名投票で行われる慣習になっていることに対して、市民から改善を求める陳情が出されたときの反対討論。市民が議員を選ぶのと、特権を持った議員が教育委員などの人事案件に同意するのをまったく同じことのように扱う暴論。議会は責任もって選ぼうとしているのか、無責任なのか・・・。

────────────────────
2005/3/22 議会運営委員会・議案討論

【松嶋寿延議員(自由民主党・新生会)】
Photo_7  それから、陳情第3号表決方法に関してですが、先ほど陳情者に質疑させていただきまして、普通の一般市民が行う選挙も記名投票にしたらどうですかとお尋ねした理由は、私も一応学生時代から法律を勉強してきて、法律論だとか、法の精神みたいなのを勉強するのが好きだったんですけれども、この民主主義の制度の趣旨というのは、結局選んだ側が、市民が議員や政治家を選ぶわけなんですけれども、その選ばれた人間が、何か不祥事を行っても、直接選んだ人間が責任を負わないという制度なんですね。たとえばそれが記名投票になりますと、じゃあ、だれが選んだんだっていう、責任問題に発展する、別に発展しなくてもいいんですけれども、そういう可能性もなきにしもあらずなんですね。そういう面で、その辺をわざと不透明にさせている制度なんですね。それで、私は、そういう民主主義の精神、それを国立市議会が取り入れていると思うんですね。やっぱり議会は、それなりの責任を持って選ぶんですけれども、じゃあ、その選ばれた人間はもしかしたら、何か不祥事を起こした、何か失政を行った。そういう場合に、じゃあ選んだ議員の責任はどうなるのかというところまで、別に現在の議会制民主主義では、そこまで責任は問われないんですけれども、そのように記名投票にすると、問われかねない、そういう議論に発展する可能性もありますから、私は、そういう面まで配慮した現在の国立市議会の制度は、そういう面ですぐれていると思っておりますし・・・(後略)・・・しかしながら、人事というのは、例えば身近な人間が提案されている。しかし、会派では、いや、その人反対だよとなった場合に、しかしながら無記名投票ですと、その個人的な関係で会派の決定と違う決定をしても、ばれないというんですかね。自由な、むしろ各議員が自由な立場で投票ができるというメリットもあるわけでございまして。

|

« トホホ発言(議案討論) | トップページ | トホホ発言(議案討論) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181410/4632284

この記事へのトラックバック一覧です: トンデモ発言(議案討論):

« トホホ発言(議案討論) | トップページ | トホホ発言(議案討論) »