« 2006年3月 | トップページ | 2006年9月 »

トンデモ発言(動議討論)

【コメント】駅舎問題で、市長提案の(曵き家)駅舎保存案が提案された6月議会は、上村議員の質問に対する市長答弁の途中で議長からストップがかけられ、一週間にわたって空転した。その背後には、市長提案の保存案を通したくない、しかし面と向かって否決もしたくない一部野党議員が、審議を止めて「このままでは全議案が審議未了で廃案になるぞ」と脅しをかけ、市長に駅舎関連議案の撤回を迫る、という思惑があったのではないかと推測される。野党の複数の議員が「議会がこのまま再開されず(否決でなく)廃案になるといい」と発言していたとの情報がある(←会議室での話し声が廊下に聞こえていた(!)他、ある野党議員が与党議員に本音を話していた)。また、野党(自民党・公明党・明政会・つむぎ・こぶし)の連名で駅舎保存議案の撤回を求める要求書も市長に出されたという。さらに関文夫議長(明政会)・鈴木律誠副議長(公明党)が、「野党が一致して審議拒否するといっている、自分が何とかする」と言いながら審議を止めていたが、その様子が市民に伝えられ、議会のあまりの惨状を見かねた俳優の宇梶剛士氏ら市民がチラシを配布して宣伝するなど市民の批判が高まり、一般質問を全てキャンセルした上で再開するという、前代未聞の事態になった。駅舎保存議案が撤回されず、採決に持ち込まれ、多数の傍聴市民の目の前で駅舎保存議案に反対の意思を表明するハメになった野党は、その腹いせか、自分たちが引き起こした審議ストップの責任を市長に転嫁し、給料30%減額を求めるという本末転倒な動議を提出して、可決させた。このときの石塚議員の討論では「無知無策」「暴挙」「常識を心得ない」など、あらん限りの罵詈雑言が並べられ、宇梶氏ら市民の動きは、「市長の支持支援団体」と一方的に決めつけられる始末。真実を伝えることは、隠したい人にとっては「中傷」と映るようだ。

────────────────────

【石塚陽一議員(自由民主党新政会)】議事録
Photo_14 つまり、市長が議員の質疑に対し、真剣かつ誠意をもって答弁すべきところを、その回答を拒否したような態度をとり、かたくなに無視し、議会の続行を拒んだ態度は不誠実であるとともに、市民の負託を得た市議会に対しての挑戦であると言いたい。市長としての行政手腕などは全く感じられず、無知無策を固持しているものと言いたい。私たち市議会議員の権利である市議会での一般質問は、市長を初め市長部局の幹部の皆さんに対する大切な質問の場であるにもかかわらず、まことに残念ながら、市長の暴挙によって閉ざされたことは遺憾であると言いたい。
 そして、市長は(発言する者あり)静かにしなさいよ。そして、市長は反省することもなく、3日目に再開した議会でも、質疑議員の質疑ですら、何でしたかと発言する無神経ぶりには驚いた次第である。このように常識を心得ない市長の行為そのものは提案権の乱用、かつ議会軽視というか、無視とも言える行為について厳しく糾弾することとしたい。また、私たちはこのような恥ずべき市長の態度により、審議は市長みずからが放棄したにもかかわらず、一部の市民の皆さんに誤解を招くような行為、活動をとった市長の支持支援団体と議員の中傷的表現にもあえて注意の警告を発したい。よって、私どもは暴挙ともとれる上原市長の行為、行動により市議会を軽視され、議員としての職務の遂行を阻止されたことに強く抗議するとともに、議会を中断させた責任とあわせ、いつも自分の責任を回避しようとする市長に反省を促すとともに、本動議をもって臨むこととしたい。本来なら、もっと厳しい内容を希望すべきであるが、今回は戒告と給料月額の30%削減を求め、本動議に対して賛成の討論といたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンデモ発言(議案質疑)

【コメント】自民党・明政会・公明党の議員は、2004年に市議会の特別委員会で曵き家による駅舎保存を確認したときに賛成していた(与野党主要会派の曵き家賛成の態度を受けて、行政当局は曵き家保存で東京都・JRとの三者交渉をまとめた)にも関わらず、わずか1年半後には態度をコロリとかえ、曵き家保存予算を次々と否決し始めた。そのことを指摘されたときに口にしたのが「若気の至り」とは・・・。無責任も甚だしい発言。若いっていいね。

────────────────────

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】 Photo_5 会議録
 さらに、曳き家に私も協力してたでしょうという、何ていうのか、そんな発言もありましたけれども、私も、それは若気の至りでございました。やはり市議会議員になった当初、もう最初から市の責任でこれは保存事業をしなければいけないような感じで議論が進んでおりました。私もその上に乗っかってしまっておりました。それは反省しております。よくよく考えたら、JRの所有物でありJRの土地に建っている建物です。JRの責任においてすべきだろうというのが、もう途中で考えが変わってまいりましたので、その辺は本当に申しわけなく思うわけでございますが、今市長の方からスケジュールとか財政面の話も出ましたけれども、それでは、JRと国立市と資産の総額とか、1年間のお金の流れというんですかね、それを考えた場合に、どちらがゆとりがあるとお考えですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

削除発言(議案質疑)

【コメント】国立市がJRから「『松田相談役』という個人名を出さないでくれ」と言われたため、この日のこの議員の発言に議長が削除要求をした。ところが、既に多くの議員が個人名を出して発言してしまっていたのだが、それらの発言の方は、削除が諮られなかったため、議事録にそのまま掲載されている。

────────────────────

2006/6/20 本会議・議案質疑

【重松朋宏議員(新しい風)】  →会議録
Photo_13 ・・・(前略)・・・JRが○○○○○の発言だけでなく、JRとして、これを存置方式はできませんというだめ出しを再三行うようになってしまった。
 ・・・(後略)・・・


【関 文夫議長(明政会)】

 7番、重松議員、○○○○○の発言というのは、建設環境委員会の資料からも、削除されている。だから、○○○○○が物を言っていないということになっているから、それを堂々と出していいんですか。

【重松朋宏議員(新しい風)】

 ○○○○○の発言というのは、私だけじゃなく、いろんな議員の方言われていますけれども、建設環境委員会の資料によりますと、○○○○○の発言ではなく、JR東日本株式会社の発言として存置方式では無理だという幾つかの理由が示されたということです。

【関 文夫議長(明政会)】
 それが○○○○○と出ている。それをあえて、それはとってほしいということで、今まで議論して、削除したんだから、それはあなた、今言った○○○○○という名前を削除しますか。

【重松朋宏議員(新しい風)】
 わかりました。私の発言だけじゃないと思うんですけれども。

【関 文夫議長(明政会)】
 いや、今のことを聞いているんですよ。

【重松朋宏議員(新しい風)】

 これまで○○○○○という名前を個人名を出して、発言したところは、すべてJR東日本株式会社という意味であるということで、削除させていただきます。よろしくお願いいたします。

・・・(中略)・・・

【関 文夫議長(明政会)】

 この際、発言の取り消しについて、お諮りをいたます。先ほどの重松議員の発言について、一部取り消したい旨の申し出がありました。これを許可することに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認め、よって、発言取り消しを許可することに決定いたしました。
 なお、会議録からの削除につきましては、議長において後日速記録を調査の上、処置いたしますので、御了承願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年9月 »