削除発言(一般質問)

【コメント】保守の分裂選挙となった2005年都議選のときに、現職の自民党陣営が「駅舎曵き家の東京都の補助を自分が取ってきた」とさんざん宣伝したあげく、選挙が終わったとたん、造反した明政会議員とともに曵き家保存議案を否決したという、駅舎をめぐる政治的な舞台裏に言及してしまったために、当事者の自民党議員から削除要求が出て、削除するはめになった。議会で真実を語ると、隠蔽の圧力がかけられるケース。

────────────────────

2006/9/7 本会議・一般質問

【長内敏之議員(日本共産党)】 →会議録
Photo_15 ・・・(中略)・・・第2に、駅舎の保存についてです。国立の駅舎の保存は連日のように新聞で報道されています。なぜこんなに混迷を深めたのでしょうか。昨年の夏ごろまでは与野党ほとんどが曳き家による駅舎保存で合意していました。これは、JR中央線高架化に伴う駅周辺まちづくり特別委員会の議事録を見れば明らかです。ところが、2005年9月、第3回定例会で突然野党議員は駅周辺まちづくり特別委員会を辞任しました。そして、多数を占める野党議員が市長が提案した曳き家案を否決しました。理由は ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○直前まで皆さんが賛成でしたから、国立市もですが、東京都やJRも大変困惑したことは事実です。

・・・(中略)・・・

【青木 健議員(自由民主党新政会)】
 済みません。ただいまの長内議員の一般質問の通告についてなんですが、内容が一部余りにも他会派の意見を歪曲して言っている部分がございました。これにつきましては、我々としては、大変遺憾であるとともに、一般質問であるからといって、何を言っていいということではなくて、一定のルールにのっとって、やっていただきたいということで、長内議員本人による陳謝と、そして不適切な部分についての削除を議長にお願いいたします。

【関 文夫議長(明政会)】
 後ほど、それでは、長内議員から話を聞いて、調査いたします。
 ここで休憩に入ります。

【関 文夫議長(明政会)】
 休憩を閉じて一般質問を続行いたしますが、ここで長内議員より発言を求められておりますので、これを許します。16番、長内議員。

【長内敏之議員(日本共産党)】
 先ほどの私の発言の中で一部不適切な発言がありましたので、削除をお願いします。

【関 文夫議長(明政会)】
 この際、発言の取り消しについてお諮りいたします。長内議員から、先ほどの発言について、一部取り消したい旨の申し出がありました。これを許可することに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認め、これを許可することに決しました。なお、会議録からの削除については、議長において処置いたしますので、御了承願います。

| | コメント (44) | トラックバック (0)

削除発言(議案質疑)

【コメント】国立市がJRから「『松田相談役』という個人名を出さないでくれ」と言われたため、この日のこの議員の発言に議長が削除要求をした。ところが、既に多くの議員が個人名を出して発言してしまっていたのだが、それらの発言の方は、削除が諮られなかったため、議事録にそのまま掲載されている。

────────────────────

2006/6/20 本会議・議案質疑

【重松朋宏議員(新しい風)】  →会議録
Photo_13 ・・・(前略)・・・JRが○○○○○の発言だけでなく、JRとして、これを存置方式はできませんというだめ出しを再三行うようになってしまった。
 ・・・(後略)・・・


【関 文夫議長(明政会)】

 7番、重松議員、○○○○○の発言というのは、建設環境委員会の資料からも、削除されている。だから、○○○○○が物を言っていないということになっているから、それを堂々と出していいんですか。

【重松朋宏議員(新しい風)】

 ○○○○○の発言というのは、私だけじゃなく、いろんな議員の方言われていますけれども、建設環境委員会の資料によりますと、○○○○○の発言ではなく、JR東日本株式会社の発言として存置方式では無理だという幾つかの理由が示されたということです。

【関 文夫議長(明政会)】
 それが○○○○○と出ている。それをあえて、それはとってほしいということで、今まで議論して、削除したんだから、それはあなた、今言った○○○○○という名前を削除しますか。

【重松朋宏議員(新しい風)】
 わかりました。私の発言だけじゃないと思うんですけれども。

【関 文夫議長(明政会)】
 いや、今のことを聞いているんですよ。

【重松朋宏議員(新しい風)】

 これまで○○○○○という名前を個人名を出して、発言したところは、すべてJR東日本株式会社という意味であるということで、削除させていただきます。よろしくお願いいたします。

・・・(中略)・・・

【関 文夫議長(明政会)】

 この際、発言の取り消しについて、お諮りをいたます。先ほどの重松議員の発言について、一部取り消したい旨の申し出がありました。これを許可することに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認め、よって、発言取り消しを許可することに決定いたしました。
 なお、会議録からの削除につきましては、議長において後日速記録を調査の上、処置いたしますので、御了承願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンデモ発言(一般質問)

【コメント】弁護士を冒涜する発言。さらに市民の行為に対して一方的にレッテルを貼った上で、それが大人の教育のせいであると決めつけ、「犠牲者」「かわいそう」とまで言った。市民の手紙を紹介するというかたちをとってさらにレッテル貼りをしたあげく、プライバシーにまで言及してしまったため、「不穏当である」と削除することになった。が、その後も、街頭や自身のウェブサイトで同様の内容を発言し続けているので、あまり反省しているようには見えない。削除受け入れ後も、予算審議を拒否するかのような発言を繰り返しているし。

────────────────────

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】会議録
Photo_1・・・(前略)・・・
 さて、我々議員の4年の任期も残すところ1年余り、私の当初の目的は、打倒上原市政でございます。松嶋に古 今の色なし、松嶋寿延の心は、昔も今も変わりません。残りの1年間、乾坤一てきの力を振り絞って、打倒上原市政に向け、論戦を挑んでまいりますので、御覚 悟のほど、よろしくお願い申し上げます。
・・・(中略)・・・
 
先般の議会でも、何人かの議員が取り上げておりましたが、○○○○校長あてに東京弁護士会からの勧告書という随分と物々しい、威圧感のある文書が届いたわけでありますが、そもそもこの勧告書には法的拘束力があるのかどうか、お尋ねいたします。

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】

 前回の御答弁では、非常に恥ずかしいことだと御答弁されていたわけですね。それは、置いておきまして、○○○○○○○に弁護士が入っているかと思いますが、その弁護士の所属は、どこの弁護士会でしょうか。

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
 つまり、○○○たる弁護士の1人は、東京弁護士会所属で、東京弁護士会の中で子どもの人権救済センターで活動している弁護士です。その東京弁護士会の中で、人権救済センターで活動している弁護士が○○○となって、東京弁護士会の子どもの人権救済センターに申し立てを行ったわけですよね。それで、今回東京弁護士会からは会長名で、勧告書が出されたわけでございます。法的拘束力がない上に、弁護士会の中の身内同士のルートで、私には、出るべくして出てきた勧告書と思えるわけでございます。そもそも弁護士は正義の判断を下すことが職業ではなく、業として、法律問題に関し、本人の○○○として、相手方と交渉することがお仕事だと私は思っております。法律家の活躍を描いたあるテレビドラマで法律家のことをおもしろい表現をしていました。法律家は、鉄人28号だと。依頼人の操縦どおりに動き、法律を武器に相手を屈伏させるのが仕事だと。私も行政書士です。一応法律家の端くれですけれども、時々依頼で、内容証明という何の法的拘束力はありませんけれども、威圧感のある文書を送りつけて、依頼人の相手方を屈伏させるという行為を何度か行っております。それで、私は報酬をもらっているわけです。法律家というのは、そういうお仕事です。今回の○○○の弁護士も、私と同じことをやっているんではないのかなと感じるわけですね。依頼人の○○○となって、法律を武器に主張の対立する相手方を屈伏させようとしている。そして、恐らく報酬をもらっているんだと思います。教育長、前回の議会で、この勧告書、また今回の議会でも、真摯に受けとめると御答弁されていますけれども、真摯に受けとめないでください

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】

 それぞれの立場を尊重して、要するに、教育長、前回の議会では、他の議員の質問で、相手を差別してはいけません。それから、偏見を持ってはいけませんと、そういう教育を行っていると御答弁されているんですね。それでは、○○○は、なぜ、卒業証書の受け取りを拒否しているのですか。

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
 この資料に基づいて言いますと、○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○だそうです、この資料では。私は、この勧告書を読んでいて、本当に○○○は犠牲者だと思いました。かわいそうだと思いました。だれが○○○にこんな教育 を行ってきたのかという、天皇制、確かにいろんな議論があります。しかし、憲法上も、日本の象徴であり、歴史的文化的にも、日本を象徴する存在であり、現在も大半の日本人が敬愛している存在です。それから、キリスト教、私、クリスチャンでないからわかりませんが、本来他の宗教や異文化を忌み嫌う排他的な宗教ではないと思うんですね。右のほおをぶたれたら、左のほおを出しなさいでしたっけね。そういうことはキリスト教の教えだったかと思うんですが、私の頭の中では、その程度の知識しかないんですけどもね。そのくらい寛容な宗教なのかなと思っているわけです。○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○に、元号を拒否するということは、私は、差別であり、偏見であると思うわけですね。私に言わせれば、こういう教育を○○○に行ってきた大人たちが一番悪い。 この校長先生は、何でも、穏便に済ませればいいという無責任な人だったら、すぐに西暦表記に変えたと思います。しかし、国立の教育の方針に沿って、偏見と 差別を持っちゃいけないよと。身をもって教えようとされたんじゃないですか。立派な校長先生だと思います。私は、国立にこういう立派な校長先生がいらした ことを誇りに思いますと同時に、そんな校長先生の行為を恥ずかしい行為だと発言する上原市長を市長にいただく国立市を恥ずかしく思います

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
 私のところに1通の手紙が届きました。一部抜粋します。「御存じでしょうか。昨日○○○校長の○○先生の御葬儀がありました。享年歳の若さです。国立の教育の正常化のために努められた方です。国立の教育に殉職されたとの思いでいっぱいになり、私は涙がとまりませんでした。」
 聞くところによると、この卒業証書の件で、随分と圧力を受けたり、嫌がらせを受けたりして、周りの方々は、ストレスから不治の病に侵されたのではないかと、そのようにうわさしているそうでございます。その闘病中に、この勧告書は届いたわけでございます。日本では、校長先生が自殺に追い込まれるという事件が過去に何件かあったわけですが、国立の教育現場では、いまだに校長先生を敵視し、校長先生を精神的に追い込んでいくという実態があるのだと思い知りました。どちらが本当の人権侵害なのか、この私の質問を聞いている市民の皆様によく考えていただきたいと思います。

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
 じゃあ、これから私、○○をかけますので、耐えてくださいよ。

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
 だから、事務引き継ぎをする立場ではないのに、なぜ、そういう……。(「議事進行」と呼ぶ者あり)

【関 文夫議長(明政会)】
 私が判断しますから、静かにしてください。

・・・(中略)・・・

 【関 文夫議長(明政会)】
 ここで、暫時休憩といたします。

【関 文夫議長(明政会)】
 休憩を閉じて一般質問を続行いたします。  2番、松嶋議員。

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
 貴重な時間を空費いたしまして、まことに申しわけございませんでした。私も、国立の教育行政に尽力された、校長先生がお亡くなりなったという話を聞きまして、多少感情的になり、随分と不穏当な発言が多かったと思います。後日、議長と相談いたしまして、その不穏当な部分については、議事録から削除させていただきたいと思います。教育行政については、以上で質問を終えたいと思います。

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】

 私は、市長の手先となって、市長の指示で動いた教育行政の教育委員会の教育長たる態度じゃないですよ、これ。大問題ですよ。(「答弁する必要ないよ」と呼ぶ者あり)

・・・(中略)・・・

【松嶋寿延議員(自由民主党新政会)】
 これはもう平行線をたどるわけですから、結果は出ないとは思うんですけれども、私、本当に、これは市長の市報の私物化だと思っていますよ。これ、市民の税金使ってつくっているわけですからね。平成18年の予算にも、市報の印刷製本費のっていると思いますけれども、市長が今後一切こういう個人的見解を載せないって表現しない限り、そんな予算の審議入れますか。これは言い過ぎですけれども、それくらい憤りを感じているわけですよ、私は。そういう身勝手が多いからね、上原市長はいろいろと議会から指摘を受けるんですよ、反省してくださいよ、どうなんですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッテル貼り(一般質問)

【コメント】「こういう市民の意見があった」という言い方で取り上げ、あたかも重大な問題があるかのようなレッテルを貼る印象操作を行い、市報の記事に介入。「開かれた学校づくり」がテーマの市民団体主催の教育委員の講演会を取り上げ、後援がないのに市報の催し物欄に掲載したと問題視(他にも後援のない団体の活動を掲載することはある)、講演会に教育次長が個人の立場で出席したことについても「次長が関わった」と公的な関与があるかのような印象操作を行った。調子に乗って、その講演会の私的なチラシを市長が庁内で印刷させたという根拠のない噂(当該のチラシはカラーインク印刷だったが、庁内ではカラー印刷はできない)を取り上げたため、市長から抗議を受け、噂の根拠を提示できずに削除を了承するはめになった。デマ発言をしたことに対する謝罪は一切なかった。

────────────────────

2004/3/3 本会議・一般質問

Photo_17【中川喜美代議員(公明党)】 →会議録
 ・・・(中略)・・・大きい3番、国立市広報。1、市報くにたちの掲載記事について。平成15年12月20日、第 809号と平成16年1月5日、第 810号について質問いたします。市報は言うまでもなく、市民の税金で発行しているにもかかわらず、最近の市報の傾向として、市長の考えが余りにも突出して、市政の私物化とも言える市の行政のあり方が問われる記事が多く目につきます。2点伺います。1、市報くにたちを発行するための予算。2、お知らせのコーナーの記事は掲載する基準、または条件はあるのか伺います。

・・・(中略)・・・

【中川喜美代議員(公明党)】
 実は、なぜこういう質問をするかというと、この市報を見て、この講演会に出席された数名の市民から問い合わせがあったんですね。市報に載っているから行ってみたけれども、何なんだと、なぜあのような私的な会を市報に載せるんだと。そして、載せてもいいんですかと、こういうようなことを聞かれました。で、多摩教育読者の会、これは私的な会、そして、後援もとっていない。後援名義もとっていない。教育委員会もかかわっていないというと、こういう記事を載せますよというのは、だれかが言わなきゃ載せないわけですけれども、だれが何を担当に言ってきて、載せたんですか。

・・・(中略)・・・

【中川喜美代議員(公明党)】
 もう1点、この1月5日号の中身なんですけれども、この新春座談会、これを見られた市民、特に二小の保護者は、または元保護者から、なぜあの先生が、このしかも、おめでたい新年号に載っているんですかというような問い合わせがあったんですよ。あの先生というのは、この上田祥市さんらしいんですね。元二小の教員で、今は国立在勤でもない、在住でもない。この座談会に出席されている、この4名の方々、どのような基準でどなたが人選したのか、その辺のプロセスを教えてください。

・・・(中略)・・・

【中川喜美代議員(公明党)】
 それと、市民が、なぜこの先生を、なぜこの人をというふうに言ってくるんですか。私もそれはよくわからないんですけれども、次長に伺いますが、この方は、こういうような新春座談会に登場していただくような方、国立の教育の中でどのような実績を上げられたのか、どのような役割をされたのか、教えてください。

・・・(中略)・・・

【中川喜美代議員(公明党)】
 演劇で大変熱心だと。私は、いろいろ二小で大変有名な先生だったというふうには聞いているんですけれども、ともかく、先ほどの12月20日号もそうですけれども、この1月5日号も市民の税金をあれほど使っている、いわゆる公報ですよね。ですから、市民から何でと、なぜあの人がとか、なぜこんな記事がと言われることのないような明確な基準を持って、ぜひ、記事も選んでいただきたいし、人選もしていただきたい。やはり私は、この続けて2回の市報を見まして、市長が2期目再選された国立の教育を戻すと言われていたというふうに聞いていますけれども、そのことの一環なのかなと。いろんな手段を使って、国立の教育をもとに戻そうとしているというふうにも聞いております。そして、この今なぜ開かれた学校づくりなのか、 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○余りにも市長の考えを表に出し過ぎだ。行政のあり方が問われますということを申し上げて、一般質問を終わります。

・・・(中略)・・・

2004/03/24本会議

【高島美秋議長(自由民主党新政会】
 この際、発言の取り消しについてお諮りいたします。中川議員から3月3日の本会議における一般質問の発言について、一部取り消ししたい旨、申し出がありました。これを許可することに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認め、これを許可することに決しました。
 なお、会議録からの削除については、議長において、後日速記録を調査の上、措置いたしますので、御了承願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)