トホホ発言(議案討論)

【コメント】特別職である教育長のボーナスの2割加算制度の廃止案に対する反対討論。制度の問題を提起しているのに、「不在のときに提案する必要はない」「新規就任した本人の了承を得るべき」と、個人のお金の問題にすりかえられ、低レベルの議論になってしまった。さらに財政悪化を現市長の個人的な問題にすりかえ、現市長のみの退職金カットの問題にすりかえている。あとは持論を述べるだけ。

────────────────────

2005/3/29 本会議・議案質疑

【石井伸之議員(自由民主党新政会)】 →会議録
Photo_12 ・・・(前略)・・・この提案に対しても、大変疑問に思うことばかりです。なぜ、不在であるこのときに提案する必要があるのでしょうか。すると、市長は、国立市の教育のかなめである教育長の職を軽んじる考えを持たれているようにも見えてしまいます。そもそもこういった削減は新規就任された教育長の了承を得てから行うべきものであると考えます。さらに国立市の財政悪化に教育長は何らかの原因があるのでしょうか。三役不在の現在、その責任をとる役職は市長だけですので、市長の退職金のみが対象となるはずが、なぜ、不在の役職まで責任をとる必要があるのか、大変理解に苦しむところです。そして、財政状況、財政状況と言うならば、時限立法にするべきところをなぜそうしないのか。また、これも不思議に思うところでございます。そして、このような提案をする前に、市長は公募ありきの考えで硬直せずに柔軟な視野を養い前教育長の教育改革を引き継ぐすばらしい教育長を迎えることが先決であると考え、反対の討論といたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トホホ発言(議案討論)

【コメント】市長・助役などの特別職のボーナスは、一般管理職と同じく2割加算で支給されている。その廃止案に対する反対討論。「他市も一緒、国からも指摘されていないから廃止は乱暴」という、没主体的な意見。特に中盤からは、ウケを狙っているのか、何を言っているのかわからない。

────────────────────

2005/3/29 本会議・議案質疑

【石井伸之議員(自由民主党新政会)】
Photo_12 さきの総務文教委員会でも言われていますように、職務加算という形で国分寺市以外では、全く同じパーセントに設定されており、また、人事院からこの件に関して、具体的な削減について勧告されているわけでもなく、報酬審議会の検討も行われていない状況では、明確な目的と根拠に欠ける、この提案は少々乱暴なのではないかと感じる次第です。そして、こういった削減案は財政面における市長の能力がここまでで限界であったことを露呈することにつながります。私は、市長に対して野党の立場ですが、しかし、国立市のよりよい発展を願う気持ちは同じだと思っております。だからこそ自分の足を食べて生き延びるタコになってほしくはないと思います。そして、こういった提案は、自分の責任を回避する逃げの一手にしか映りません。御自分の責任を果たすためにも、まずは、歳入増の方策など例えばプロジェクトチーム設置規定が例規集の 239ページにありますので、それを発足させるとか、自治体の歳入増を手がけているコンサルに見ていただくとか、市内にお住まいの民間企業経営者に御意見をいただくとか、さまざまな手を尽くす必要があります。まかぬ種は生えぬとも言いますし、種をまいても、桃栗3年柿8年というように、なかなか効果が出ないこともありますので、まずは、粘り強く、こういった歳入増への努力をいただくことを期待して、この議案には反対してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッテル貼り(一般質問)

【コメント】具体的に「どこがどう誹謗中傷」なのか、「情報を歪曲」しているというのか一切明らかにしないでレッテル貼り。他者を口汚く罵っても、自分が批判されたら無前提に「誹謗中傷」としか捉えられないのだとしたら、言葉を大事にするべき議員として失格である。

────────────────────
2004/9/8 一般質問

【石井伸之議員(自由民主党・新生会)】 →会議録
Photo_12 …(前略)…こういった事業に対して、やはり後ろ向きではなくて、少なくとも前向きであるということを市長お得意のマスコミを使っての世論形成や我々を誹謗中傷するチラシをせっせと配布している市民団体を使って、表明することが一番の情報公開になると思います。いつもいつも、情報を歪曲してまで、熱心に応援していただいているのですから、その市民団体のチラシの質の向上のためにも正しい情報を今後は提供してあげてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トホホ発言(一般質問)

【石井伸之議員(自由民主党新政会)】
Photo_12 …(前略)…市長、どうでしょうか、市民の方々からよく耳にするんですが、上原市長はマスコミを操るのが上手だよと言っておりました。
まるで魔法使いのようにマスコミを操って、自分の意のままに、自分の考え方を通すのが大変上手なお方だという話を、私、お聞きしておりますそして、市長は全協でも残念ながら、企業誘致について難しいとか厳しいとかできないとか、そういった否定的な見方だけするのではなくて、国立市には3・3・2号線開通に伴う豊かな土地が大判小判ざくざくというような埋蔵量を埋蔵したまま眠っているのだから、各企業へ早く掘り出したもの勝ちですよというような形で、ぜひとも強気にマスコミにアピールが必要だと思うんですよ。これが紛れもない事実であることは、都内のインター周辺の幹線道路付近を見れば、本当に明らかなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンデモ&差別発言(議案討論・第22 陳情第13号)

【石井伸之議員(自由民主党新政会)】
Photo_12  そもそもジェンダーフリーというのは、建築用語のバリアフリー、これからジェンダーを解放する、そういった意味でジェンダーフリーという用語がつくられてきたものであります。これは、男女共同参画社会や男女平等の視点から正しいように思えますが、全く別物であることを、ここで明言いたします。ジェンダーフリーという思想は、男女平等を飛躍的、かつ極端な解釈をして当たり前、ごく自然にある性の違いまでなくそうという偏向した思想であります。この陳情にもありますように、男女の特性を認めず、男らしさ、女らしさを否定するというものです。松嶋議員が先ほど言われましたように、私も松嶋議員には及びませんが、さまざまな形で脳科学の本等を勉強してまいりました。脳科学的にでも、男と女の構造の違いは明白であります。女性が装飾品を身につけ、きれいな化粧をし、そして鮮やかな服を着、そしてそういった本能的な欲求があります。逆に、男の方はと言いますと、機能的で動きやすい服装、それを第一と考え、紺色や黒、こういった濃いような色を身につけたがるものです。江戸時代の服装でもありますように、武士のかみしも等、これを見ても、黒や紺色、または紫、そういったものを好んでまいりました。現社会におきましても、男性のスーツの服、やはりこういったような色の服が多いのは、まさに男性のそういった色を好むという脳科学的な実証に基づくものでもあります
 そして、逆に子育てについて言わせていただきますが、女性の方が赤ちゃんの顔色、細やかな変化を見つけるために、女性の方はさまざまな色素を見つける感覚、こういったものにもすぐれている、そういった実証もなされております。男性に比べて何倍も、例えば赤という色を見ても何種類ものさまざまな色を認識する能力がある、そういったことが女性にはある。こういったこともしっかりと脳科学的には実証されております。さらに会話に関しても言わせていただきますと、女性同士の会話というものは、やはり集団における和、これを乱さないことを第一と考え、お互いの考えに極力協調しようという、そういう考え方が働きます。それは、やはり自分たちの和を乱したくない、そういった考えが第一のもとにあるからです。逆に男性同士の会話というものは、お互い一人一人がライバルという関係にあります。だからこそ先ほど松嶋議員が階級と言われましたように、ほかの男性より一歩でも二歩でも上を行きたい、そういった本能的な欲求があります。だからこそ会話をしていくうちに、例えば私がどこどこがいいと言った場合に、相手の男性はほとんどの場合、いえ、いえ、まだまだこういったいいものがあるよ、こういった言葉、会話になりがちです。こういったこともまた、脳科学的に私が見てきた本の中では実証されております。このように、男女の違いとは全く明白であり、ジェンダーフリーという男女の性差を解消しようとする考えは全くナンセンスであります。
 さらに、私は現場監督として働いてまいりました。この現場監督、建設現場の仕事は、やはり3Kと言われる厳しい社会でもあります。そこに関して、やはり女性が少ないのは、確かにその環境が厳しいものがあるというものもありますが、建設というものは、さまざまな三次元的な発想を考え、本当に想像力、しっかり働かせて、まだない図面、平面から立面を起こしていく、こういった能力は女性に比べれば男性の方がある。こういった考え方も実感させ、そういった能力もあるというふうに言われております。さらに、つけ加えるんであれば、こういったジェンダーフリーという思想がなぜ小学生に対して行われるのか、私、疑問に持ちまして、さまざまな形で勉強してまいりました。そうすると、ジェンダーフリーという思想が普通の大人の人にとっては、ちょっとおかしいなと思われるところが多々あります。それに比べまして、小学生、まだまだ発達段階にありまして、そして男女としての自我が未発達な状態であります。そういったときにこのようなジェンダーフリーという思想を植えつけられれば、それが、ああ、そういうものなのかと思って、自分自身のものにしてしまう、そういった事実もあります。この国立も小学生低学年に対して、過激な性教育を行った結果、子供たちが過激に反応してしまい、そして、それを親御さんたちにこれはどういうことなのかということを問いただしたという事実もあります。
 そして、さらにこの名簿の使いにくさ、混合名簿の使いにくさ、これを挙げますと、保健体育、健康診断、進路についての相談、性の教育、さまざまなところで男女別の名簿は絶対に必要であります。こういったところでも、やはり混合名簿を使っている学校でありながら、そのわきには、やはり男女別の名簿が存在する、こういう実態もはっきりしております。せっかく名簿を使って、わざわざ2冊つくるのであれば、別の名簿を使って1冊でも構わないのかと、私などは思うわけです。先ほど教育次長が言われましたように、国立一中と二中、ここでは、男女別の名簿を使い、さらに特段これといった問題もない。そういったことも今言われました。このように、男女の違い、文化の違い、脳の違い、これはしっかりと明白なものであって、これをしっかり認め合うこと、これこそが一番大事なことです。男子が同じ、女子が同じ、全く同じものだと認識すること、これ自体が全く間違った考えであると私ははっきり言っておきます
 このように、どうか、男子と女子の違い、これをしっかりと学校教育の中でも、教えていただけるように、私は強く要望させていただきます。私は、この日本の伝統文化を破壊するジェンダーフリーという危険な思想、これにくさびを打ち込む、この陳情、本当にすばらしいものであると実感しております。このように、ジェンダーフリーという危険な思想、まだまだ知られてはおりませんが、このような結果を生んだときに、静岡のどこそこの学校のように、男子と女子が修学旅行等で同じ部屋に寝かせて、それに対しておかしいとも思わない、このような結果にもつながってまいります。このように、やはり男子と女子、分けるものは分けるべき、こういった認識にも立って、まず名簿からしっかり分けていただきたいという、この陳情、私は趣旨採択として、そして、表明させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)