トホホ発言(議案討論)

【コメント】国立市長の退職金1割カット提案に対して、「決算が不認定とされた」「助役・収入役・教育長人事が提案されていない」「職員の士気が低下している」等、あまり関係ないことや実証できない理由をあげて、「現市長だけもっと削減せよ」という発言。

────────────────────

【大和祥郎議員(明政会)】 →会議録
Photo_21  ・・・(前略)・・・以上の問題を見るだけでも、首長としての責任を十分に重く考えるべきであり、行政逼迫を訴えるならば、10%の削減でなく、首長がみずからもっと大胆な削減を行うべきであると思います。また、みずからの失政を次期の政権まで回すことでなく、時限つきで行うべきと考え、反対いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トホホ発言(議案討論)

【コメント】国立市議会での人事案件の審査・採決方法の改善を求める陳情に対する反対討論。裏で市長と議会が談合して、全会一致で出してシャンシャン採決する不透明な方式をよしとする発言。

────────────────────

2005/3/22 議会運営委員会・議案討論

【大和祥郎議員(明政会)】
Photo_21  ・・・(前略)・・・そのために、事前に今の制度として、各会派等に説明を市長がみずから自分が薦める部分をやってくる。その中で、出てきたものに対して、全会派一致で出すというのがやはり現在の制度の中では、国立市のがいいんじゃないかと、私は思います。
 
・・・(中略)・・・今議場でその人がどうだ、こうだという、要するに細かい部分を議論するよりは、その出てくるまでの過程の中で議論をされた方がいいかなと、私自身は思っております。
 ・・・(中略)・・・この無記名投票という部分の中では、自由な意見をまずは会派の中でやっていけるという部分では、いい制度かなというふうに思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)